ONE X 青木VS秋山 一夜明け考察(秋山編) 〜辛抱する木に勝利が手に入る〜

Sexy〜yaa~maa~!!
AaaaaKiiiyamaaa!!

前回に引き続き、
ONE Xにて行われた青木VS秋山戦について試合後の様子等を考察していきます。
試合から一夜明けて、試合後のインタビューも発信されました。
僕自身、色々整理したことを書いていきます。

見事にジャイアントキリングを引き起こしたセクシー山こと秋山選手。
2R逆転KOはお見事でした!
何がスゴかったって、
まずは1R青木のバックマウントをほぼ5分耐えたところです。


青木にこのポジションとられてタップしなかった選手はほぼ皆無ですからね。
直近ですと強豪ジェームス・ナカシマからも一本取っていますからね。
確かに秋山に体重の利がありますが、青木にここまで絞められて逃げ切ったということがまず凄い。
試合後のインタビューで2回落ちそうになったとのことで、
死んでもタップしねぇという意地で逃げ切ったのは、とてつもない根性です。
実際の映像↓

後の2R目は、完全秋山ペース。
青木のタックルを切って、パンチを当てる。
そして、青木をケージに押込みフルボッコ。

試合を決める最後のパンチと取っ組み合いは、
技術云々ではなかったですね。
どっちが生物として強いのか。勝ちたいのか。
どっちが次のステージに進むのか。

もし秋山が2R後ろに下がる。あるいは見てしまった場合、
今回の結果にはならなかったと思います。
1R 青木がバテる。
2R バテた青木の隙をつき仕留める。
結果論ですが、非常に良くできた試合展開です。

僕が考える今回の勝負の要所は1Rの秋山が青木の締めを辛抱した場面です。
あの首絞めを耐えて生き延びたことで、
2Rの逆襲に繋げて勝利を勝ち取ったと分析しております。
本記事タイトルにありますように、『辛抱する木に勝利が手に入る』
『辛抱する木に金がなる』ということわざをモチーフにした言葉ですが、
まさに1R 秋山が立っている姿勢はことわざの辛抱する木です。

それと並の選手だと勝負を決めにいく嗅覚が弱く、
仕留めきれないパターンに陥ることが多いのですが、
秋山はとにかく前に出ました。
仕留めにいく形相は野生の虎のようです。

この嗅覚も秋山の強さです。
タケルや天心、堀口、朝倉海なんかもそうですが、

チャンピオンになる選手はこの仕留めどころの嗅覚が非常に優れています。
これは、持って生まれた勝負強さと言えますが、
改めて秋山選手が持っている強さを感じた一戦となりました。

秋山選手がこの試合の前、UFCに参戦してからONEとの契約に至るまでの戦績が
9戦3勝6敗です。
決して良い戦績とは言えないのですが、それを全て払拭させるかのような勝利を手に入れました。
やはり、勝負を引き寄せる人、
引き寄せられない人、
その差があるなと感じる一戦です。

そして、ここから秋山選手がどういう格闘家としての道を歩んでいくか楽しみでして、

階級上げてウェルター戦線での活躍が現実的かと思いますが、
僕としては、青木ともう一回見たいです。

試合後の会見でもそのようなことを発言されていますし↓

そして、試合後のインタビューでも謙虚な姿勢が印象的でした。
果たして、秋山成勲はヒールからヒーローになったのか。
まだまだ、わかりませんが
昔の秋山選手の雰囲気や言葉遣いとは変わってきているようです。
当然ですよね。人間は年月を経て変わっていくものですし。
僕は今後も
46歳未だ進化している格闘家 秋山成勲に目が離せません。

Let’s Sexy Party!!!