有機酸検査結果② 老廃物について

前回に引き続き、有機酸検査の結果を発表していきます!

前回の記事はこちらです↓
https://shiiya-fitness.com/2021/06/18/yuukisan-kensa1/

今回は検査結果を基に人体の老廃物がどれくらい溜まっていたか発表していきます。
まず、こちらの写真をご覧になって下さい。

シュウ酸塩代謝物に注目していきます。
このシュウ酸塩代謝物が高いと人体に老廃物が溜まっているという事がわかります。
この老廃物は尿管結石の原因となってしまうので、痛い思いをしない内に対策が必要です。

私の場合、黒い印がついているシュウ酸が若干基準値より高いことがわかります。
何故、高くなってしまったのか分析すると、
・遺伝的にビタミンB6の吸収率が低い
・ほうれん草を食べる量が多い
・糖質の摂取量

この2点が原因と考えられます。

ますビタミンB6について詳しく分析していきます。
ビタミンB6は主にアミノ酸代謝に関係する栄養素で酵素の働きを補助する役割があり、
この働きでシュウ酸の前駆体をしっかり代謝する事で、シュウ酸の発生を防ぐことができます。
シュウ酸は発生すると人体の外へ排出しずらい物質なので、発生させない工夫が必要です。
私の場合、遺伝子検査の結果、ビタミンB6の吸収率が低いので、普通の食事だけでは補う事が難しく、
サプリを利用する対策を行っています。

続いて、ほうれん草の食べる量についてですが、
そもそもシュウ酸は、シュウ酸ナトリウムといって野菜に多く含まれていて、
動物性の食品にはほとんど含まれていません。
その野菜の中でも最も多く含まれているのが、ほうれん草です。
私は日頃、野菜をふんだんに使ったスーパーベジタブルスープを自炊し毎日飲んでいますが、
そのスープには必ずほうれん草を入れていました。
更に日によっては、ほうれん草のソテーをスープとは別に食べるなど、
ほうれん草をかなり食べていました。
私にとっては必要以上に取りすぎている可能性があるので、今はほとんど食べない様にしています。
そして、ほうれん草の代わりに、代打としてスープの中に入ったのはシュウ酸の少ない小松菜にしています。

以上、この2つの対策でシュウ酸を下げて、
体内の老廃物を下げて将来的な病気を防いでいくことができます。
また次回は別の項目を解説していきます。