今後のフィットネス業界について(スポーツジム大量閉店について)

今日は、パーソナルトレーナーとしての視点で、今後のフィットネス業界がどの様に動いていくか予想していきます。

大手総合スポーツジムがコロナの影響で昨年から経営的に大ダメージを受けています。

何故、閉店が続くかというと、総合型は元々会員数を数千人を受け入れるような仕組みになっています。

そのため、スタジオやトレッドミル(ランニングマシン)等を揃えるためにある程度の広さが必要になっていきます。

安全上の都合や数千の会員数を計画した段階で使っても使わなくても規定の広さや台数を置かなければならない決まりもある様で、

どの店舗でも退会、休会者で全会員の一定数から半数以上減ってしまうとなると運営する会社としては真っ赤な赤字となっていきます。

スポーツジムは売上利益率が10%前後だと言われています。

家賃や人件費など運営するだけで経費がかかる業種なので今後も厳しい状況にはかわりません。

私も先月3月末に契約していたティップネス日本橋店が閉店しました。

閉店後、違うスポーツジムの現場で、日本橋のお客様とお話しましたが、運動を続けられる新たな環境を探す事は大変と言っていました。

今後もスポーツジムの閉店ラッシュが充分考えられるので、残念ながら運動を続けられない人の受け皿になれるように

オンラインパーソナルトレーニングを今年も取り組んでいきます。

体験は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。